最近のたわごとの最近の記事

MT4.2が出るらしいですが

様子見〜

いやまだ出ていないからいいんですが。

 

ipodtouchが埋もれたまま出てきません(涙)

4.1にあげた

| コメント(0)

というわけでいまさらですがMTが4.1にあがってます。

デザインはそのまんまですが(苦笑)

 

今後mixiの日記はこっちにうつしてこようと思います

 

しかしPC壊れたのの修理は大分かかりそうだ。3月中は復活しないかもなぁ

有害サイト削除、民主が独自法案・プロバイダーに義務化(日経NET) より
検討中の法案では、サイト開設者やプロバイダーは違法情報を発見し次第、削除しなくてはならないと規定。違法かどうか明確でなくとも、有害な恐れがある場合は児童が閲覧できなくなるような措置を講じるよう義務付ける。罰則を設けることも視野に入れる。
プロバイダー自体も戦々恐々かもしれませんが、変にこんな法律通過したら、国内からサイト消えてなくなるんじゃなかろうか。管理できないですからねぇ。中国みたく、完全に国家管理にすれば別ですが。 で、これ単体ならまだしも、いま文化庁の指摘録音録画小委員会で 私的録音録画小委員会:「ダウンロード違法化」不可避にみたいなことが言われています。 このなかで、
法改正がなされた場合の周知徹底や、適法サイトを示すマークの普及などを提案。
とあるとおり、適法マークみたいなものを作るような話もあります。つまりは適法サイトマークの無い動画や音楽の掲載されたサイトは違法と推測されることになり、処罰の対象になりかねません。 とんだ化学反応です

著作権管理会社というのは、私はずっと、著作権者に代わり著作権の管理をする会社だと思っていた。

いや、いまでも思っているのだが、そうであるのなら、著作権者への連絡を取るための住所等連絡先は明示されているのが普通ではないんだろうか?

最近の初音ミクに関する騒動で気になっているのだが、「みくみくにしてあげる」をJASRACへ登録した際の音楽出版社が「株式会社ドワンゴ・ミュージックパブリッシング」である。(以下長いのでドワンゴMPと勝手に略す)ちなみに親会社ドワンゴの100%子会社である。

何が問題かといえば、先に述べた住所等の連絡先についてドワンゴのページから見つけ出すことができないことである。

著作権者の著作権管理を行うのに、なぜ、連絡先を伏せて活動ができるのか、謎である。

というわけで、ドワンゴMPとクリプトンからそれぞれのBlog(正確にはドワンゴMPにはブログも無いのでなぜかニワンゴ管理のニコニコニュース下)で双方意見への異議をぶつけ合っているところである。

ただ、ドワンゴMP自体が著作権管理会社としての正体が不明な会社であり、どうも主張がしっくり来ないため、クリプトン側の主張がまだ腑に落ちる点である。

この手のごたごたは不毛なだけだが、もはや引き返すことはできそうにないから、(特にクリプトン側には)著作権に詳しい弁護士等の専門家の助言を得て頂いて徹底的に整理してほしいものである。

著作権者の立場が不明なまま(とくに無許諾での配信がされていると疑われる状況)では合法的な音楽配信は無理であろうから。

著作権法30条の適用除外範囲の拡大の件その2

なぜこのような内容がまかりとおったのか考えてみた。

結論から先に言うと、あの「私的録音録画小委員会」には委員長以下多数のピエロがいて文化庁の思惑通り動いていたに過ぎないのかなぁと。(反対意見を述べた委員もおられたようだがそのことさえ折込済みかと疑ってしまう)

  

反対のパブリックコメントや、委員の存在にもかかわらず、違法にアップロードされた著作物のダウンロードも違法に。

困ったことに違法な著作物が限定されていない感じを受ける。

いまgoogleとかの検索エンジンは日本の法律ではグレイ(インデックスの作成が違法な複製と取られる可能性あり)なためもあって国内にはないのだが、きちんと法設計をしてもらわないと検索自体も違法になりかねない。

・・・・が、委員の疑問に具体的に答えられない時点で解決策はないのだと思う。

(日本の官僚は方向性はともあれ優秀だと思っているので、彼らが解決策を示せなかったということ=解決策自体がないと思う)

英語今からでも遅くないので勉強しておいたほうが良いのだろうか

 

まちがえて

| コメント(0)

別のサイトのデータを上げてしまいましたよ。

復旧済みですが。

ふと思う

| コメント(0)

法治主義であれば、法的には問題ないが世論が許さないからだめという論理にはならないように思うんだけど、どうもそうでなく法に規定が無くとも世論が罰すべきということなら罰すべきという人がもしかして今多数派なんだろうか?

・・・当然正当な方法で立法措置されればそれはそれで、法律としての強制力はあるわけで、それからでも良いんじゃないかと思うんだけど。

人民裁判がお好みなんだろうか?

まぁそういうこともあるので、私は裁判員制度には賛成できません。

どうせ素人が入った判決では検察庁・被告人とも不満がでて、結局控訴後高等裁判所で再度審議されるのが当然の流れになるんでしょうけど。よっぽど時間の無駄だよなぁ。

 

炎上

| コメント(0) | トラックバック(0)

炎上するネタってもう何があるかわからんよね。

 

それだけですが。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち最近のたわごとカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは過去のたわごとです。

次のカテゴリは電話です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。