2004年4月アーカイブ

Alg's CaracterCardCase

からトラックバック飛んできてた。

そーかーいきてましたか、ちょっと心配しましたが、トラックバックというのはこういうことにもつかえるんですな。(苦笑)

ところで

ローカルのSF系で活躍しておられるようです。嫁さんもらえたのかな?


まだです。(苦笑)

SF関係については基本的にはローカルだけのはずなんだけど、最近そうでもない。まぁそういうことで。

ACCAのプレスより。


お客様情報流出に関する調査等進捗状況のご報告

(中略)

1.朝日新聞社との対応状況

これまでの状況は以下のとおりです。


  • すでに公表させていただきましたとおり、今回のお客様情報の流出は、朝日新聞社が弊社に提示した201名分の個人情報が弊社のお客様情報と合致したことにより判明したものです。

  • 弊社は、これら201名分を含め合計で約30万人分とみられる個人情報を保有しているとの取材を朝日新聞社から受けたことから、このたびの情報流出にかかわる全容解明のために、3月24日、26日、および31日の3度にわたり、同新聞社に対し当該個人情報の提供を依頼しました。

  • これらのやり取りの後、最終的に4月1日、同新聞社から、「取材源の秘匿」および「個人情報の保護」の観点から取材上入手したデータを第三者に開示することはできないとの回答をいただきました。

  • 上記の一連の状況から、朝日新聞社が保有している個人情報のうち、弊社ですでに確認している201名分以外のお客様情報の流出の可能性に関し、これ以上調査することをやむを得ず断念せざるを得ない状況に至りました。

  • 現在のところ、朝日新聞社が保有する201名分以外に弊社のお客様情報流出が確認されたものはございません。


結論からゆうとACCAのユーザデータ(と少なくとも朝日新聞が主張するもの)はいまだ朝日新聞が保管している可能性が高いわけで。個人情報保護法の際の取材の自由の確保のために、報道機関が除外になったのをいきなり悪用されているとはおもわなんだよ。
新聞社にとって、これらの個人情報は不要なものではあるから、どうせ言うなら、漏洩の事実が確認できた時点で他のデータは捨てました位のことを言うのが筋ではないかと。
多分朝日から2次漏洩する可能性は高いですね。

このアーカイブについて

このページには、2004年4月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年3月です。

次のアーカイブは2004年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。